■だっくくろっく

■FC2カウンター

■プロフィール

くまくま

Author:くまくま
H19、6月
乳がん告知:左乳房温存術
H19、7月
ゾラデックス注射開始
EC療法開始
H19、8月
放射線照射開始
H19、10月
EC療法(4クール)終了
ノルバデックス服用開始
現在ホルモン療法続行中
H20、4月
職場復帰を果たす
H21、4月ゾラデックス終了
H22、8月に念願の結婚!!
H22、3月ノルバテックス内服を止め、現在無治療経過観察中。
    

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー

■小さな天気予報
■リンク
■Lovely

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私にとっての究極の選択
今日はタイトルどうり、私にとっての究極の選択について書きます。

全然究極じゃないって思われる方もいらっしゃるとは思いますが、これはあくまでも私自身についてのことですので、ご了承ください。

乳がんの手術という、一つの治療が終わり、安心したのと同時に、私は次の治療について頭の中で考えるようになりました。

術中迅速病理を3回したけれど断端陽性になっていたため、再手術で全摘しないといけないのではないか。
ホルモン療法はできるのか。(というか、しないといけないのか)
化学療法はしないといけないのか。

病理の結果がでるまで、答えはでないことは分かっていたが、ただひたすら考えていた。

病理の結果がでて、
①については:断端陽性ではあったが、全摘ではなく、放射線を選びました。
②については:ホルモンレセプターが3+だったため、ホルモン療法はとりあえず始めることを選択しました。基本は5年ということですが、期間についてはとりあえず2年、それからのことは、その時の状況で決めるということにしました。

①②については、それほど悩むことなく、選択しました。

そして③の化学療法。これが私にとっての究極の選択でした。

27歳という年齢、リンパ管浸潤があったこと、これが私の再発のリスクを高める要因でした。

データー上では、ホルモン療法をすれば、無治療よりも8%再発する人が減り、ホルモン療法に加えて化学療法をすればさらに7%再発率が下がるという説明を受けました。

化学療法をするということは、厳しい副作用にたえなければいけない。

私は吐き気やだるさは仕方ないことだし、脱毛は永久ではなく治療が終わればまた生えてくるので、とてもつらいことではあるが、再発を防ぐためならしかたがないと思えた。

しかし、ただ一つどうしても気にかかることがあった。

それは、卵巣機能のことです。

化学療法では卵巣機能を低下させる副作用のあるシクロホスファミドを使わなければななりません。

先生から、20代の女性でEC療法をする場合、8割の人は生理が復活する。しかし、2割の人は永久に止まってしまう と説明されました。

8割の人は生理がもどることに対して子供が産める望みが持てた反面、2割の人は20代でも生理がとまってしまうということが、恐ろしくてたまらなくなりました。

ホルモン注射(ゾラデックス)を打ちながら化学療法をすると卵巣が守られるということを聞きましたが、これもまだ実験段階であり、絶対生理がもどってくるという保障はないので悩みました。

もし私が2割に入ってしまったら・・・。

これから結婚して、子供を産んで、新しい家族を築いていきたいと考えていた矢先の乳がん発覚。

もし子供が産めなくなったら、彼は子供の産めない私を選んでくれるのか、私は彼を父親にすることができないかもしれない、彼のご両親にも孫を抱かせてあげれないかもしれない、子供の産めない私を嫁として迎えはくれないだろう。

子供が産めないと決まったわけではないのに、この時の私はただひたすら、マイナスにマイナスに考えていました。

化学療法をするべきか、悩めば悩むほど、どうしてよいのかわからなくなり、苦しくなった。

悩む私に、先生は自分の携帯から私に電話をかけてきてくれ、話を聞いてくれました。

「もしも、自分の娘だったら、化学療法をさせるなっ。なぜならば、僕は生理が復活すると思うから。子供を産むことも大切だけど、一番大切なのはあなたの命だから。」先生は言いました。

涙が止まりませんでした。

母も父も「くまくまのしたいようにすればいい。応援するから。」と言ってくれました。

それでも、私は化学療法をすることを決めることができませんでした。

私に化学療法を選択させたのは、彼の言葉でした。

化学療法について決めきれない私は、もやもやした気持ちのまま、休日彼と遊びに車で出かけました。

運転する彼に、「化学療法どうしようか?どうしたらいいんやろう。再発はしたくないけど、子供が産めなくなるのもいやだ。どうしたらいいんやろう」と私は言いました。

彼は「先生は生理が戻るっていってくれてるんやろ?8割の人は戻るんやろ?大丈夫と思うけどな。子供が産めても、お母さんがいなくなったら子供がかわいそうで。子供がいなくても、いろんなところに旅行して、楽しく暮らすのも俺はいいと思うよ」と言いました。

この時私は、生きたいと思いました。絶対元気になって、彼と生きていきたいと強く思いました。

自分の卵巣の力を信じて、少しでも再発率を下げるため、化学療法を受けることに決めました。

治療が選択できるということは、本当にありがたいことですが、自分で自分の治療を選択することがこんなに苦しく、辛いことだとは思いもしませんでした。


もし、私と同じように治療の選択で悩んでいる人が見てくれていたら、少しでも参考になればと思って書きました。

だらだら長文を最後まで読んでくださってありがとうございましたm(__)m

スポンサーサイト


テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

乳がん | 15:00:44 | Trackback(0) | Comments(20)
コメント
くまくまさん、こんにちは。
自分でしなきゃいけない辛い選択を、よく頑張って決めたよ~!!(;_;)
でも私も、先生やカレさんの気持ちと同じです。
生理はまだ若くて元気だから戻ってくると思うし、
少しでも再発リスクを下げるのが一番。
大事なくまくまさんの命が一番だもん。
卵巣保護の薬、私も打ってもらってたんだけど、
セカンドの先生に「科学的根拠はでてないですからね」
と言われましたけど、大丈夫って信じています。
(これもセカンドで泣いた原因の一つ。ひどい><)
お互い身体も心も元気いっぱいになって、
かわいい赤ちゃんをいつか抱こうねっ!!
ってまみはとりあえずカレシをみつけなきゃ~だ(^^;
2008-02-07 木 17:18:39 | URL | まみ [編集]
引き込まれるように読んだよ。
化学療法で生理止まっちゃうのか…って未婚子無しの
若年層にはそうとう深刻な問題なんですよね。
当時「結婚なんてしたくな~い、子供産むなんて考えられな~い」ってのんきに独身貴族(いや独身平民だな)してた私でさえ、そこは心配だったもの。
結婚を控えていたくまくまさんならなおさらだよね。
私が会ったドクターはみんな、2割が戻らないとは言っていなかったな。
100%ではないが大抵もどると口を揃えて言っていました。
きっとくまくまさんも大丈夫だと思うけれど、どちらにしても優しい彼や家族の後押しもあるし、この先の人生は明るいですよ~♪
2008-02-07 木 22:35:26 | URL | ちい [編集]
結婚=出産=家族の絵顔 
って普通について来るものだと思っていたのが自分の病気治療でそれが叶わなくなるかもしれない・・・
切ないし、怖いよね。彼や彼のご両親に申し訳なく思うのも良く分かります。
本当に究極の選択を強いられたのだね。
よく決断したね。偉いよ。スゴイよ。立派だよ。
でも絶対に大丈夫。排卵機能は戻るよ。そう信じれば必ず祈りは届くと思います。
だってとてもとても辛く、厳しい化学療法を耐えてきたんだもん。。。
きっといつの日かくまくまちゃんと彼に可愛い天使がやって来ますよ☆

でも、でも、もしも、万が一BABYに恵まれなくても幸せなカップルはたくさんいます。
二人で楽しく過ごす人生もまたいいものだと私は思います。赤ちゃんばかりにとこだわらないで自然体でいいと思うよ。
ちなみうちは結婚7年子供に恵まれず不妊治療経験者です。
長くなってゴメンね!
2008-02-07 木 23:30:45 | URL | mimi [編集]
くまくまさん、よく決断しましたねー。
数字で言われると、コワイですよね。
私は生存率の話で9割って言われても「でも1割いるんだよね?」って不安になりました。
命が大事なのはわかってるのですが、より良く生きていきたいのは当然の心理だと思います。
結婚を控えてたくまくまさんにとっては究極の選択ですよね。
自分が悪いわけではないのに、自分の病気のせいで彼に、彼の親御さんに...って考えてしまう気持ち、わかります。自分のこと、後回しになってしまうんだよね。
でも、彼や先生の言葉で決断できたんだね!
こんなに悩んだくまくまさん、その分だけ幸せもやってきます!!

2008-02-08 金 02:41:08 | URL | マナティ [編集]
くまくまさんの気持ち痛いほどよくわかるなー。
女として生まれたからには、やっぱり結婚して子供産みたいって思うよね。自分のせいで彼を父親にできないかもしれないと思ったその気持ち、よくわかります…。彼は悪くないのに、病気になった自分を選んでしまったばっかりに…とか思ってしまうんですよね。
でも彼も先生もすごく優しくていい人ですね!
きっとくまくまさんには幸せが待っていますよ、大丈夫!!
2008-02-08 金 10:53:24 | URL | 瞳 [編集]
まみさまへ

まみさん、温かいコメントありがとうございます。
まみさんも卵巣保護のため、ゾラデックスうちながらの化学療法をされたんですよね。
脱毛でも吐き気でもなんでも耐えるから、卵巣だけは助けてくださいって祈る思いでした。
すごく悩んだのですが、最終的には自分が元気に生きていなければ、たとえ卵巣が元気でも子供を産むことはできない、命がなくては。という思いになりました。
まみさんもセカンドの時、泣いちゃったんですね。
未婚子無しの私たちにとっては、重要な問題ですよね。きっと、みなさん悩み苦しんで、決断していくのでしょうね
でも、私もまみさんと一緒で、絶対に生理は戻ってくると信じています。
まみさん、絶対に将来かわいいわが子をこの手に抱きましょう!
そして、子連れでお茶しましょう(^O^)/


2008-02-08 金 14:16:11 | URL | くまくま [編集]
こんにちは、はじめまして。
ゆうゆうさんのブログから遊びにきました(^^)
コメントで私のビールマークに反応していただいていたので・・・飛んできました!!

女性ですから卵巣機能のこと、気になりますよね。
私は子供2人いるけれど、やっぱりまだまだ女性として
生きたいなぁと思います。
私も抗がん剤・ホルモン治療で生理は止まっていますが
女性として復活したいです!!
くまくまさんもがんばってくださいね☆

これからもよろしくお願いします。
また遊びにきます。


2008-02-08 金 14:17:40 | URL | みやび [編集]
ちいさまへ

ちいさん「きっと大丈夫」と言ってもらえて、心強いです。温かいコメントありがとうございます。
私たち、若年層にとって化学療法が卵巣にあたれる影響って、深刻な問題ですよね。
化学療法後に無事に元気なお子さんを出産されている方もたくさんいるのに、もしも、生理が止まってしまったらと考えると恐ろしくなります。
でも、怖がっていたもしかたないですよね。
今の私にできることは、自分を信じて治療を続けていくことだと思っています。
これからの人生明るくいきたいですね~(^◇^)

2008-02-08 金 14:29:40 | URL | くまくま [編集]
mimiさまへ

mimiさん、温かいコメントありがとうございます。
読みながら思わず涙がでました。うるうる。
究極の選択といっていいのかわかりませんが、あの時の私にとってはとても苦しく辛い選択でした。
mimiさんがおっしゃってくださるように、私も祈りは必ず届くと信じています。
生理が戻るまでは、正直不安も大きいですが、
生理が復活した時の喜びは、それ以上に大きいものでしょうね。
生理復活の日を夢見ながら、治療をしっかり続けていきたいと思います。mimiさんありがとう。

mimiさんは不妊治療の経験者なんですね。
お子さんができたとき、旦那さまもご両親もとっても喜ばれたでしょうね。
きつい不妊治療を乗り越えられての出産、本当に感動的なものだったでしょうね。
私もきつい化学療法を乗り越えての出産で感動を味わえるように、祈りながら治療に励みたいと思います。


2008-02-08 金 14:57:32 | URL | くまくま [編集]
マナティさまへ

マナティさん、気持ちをわかっていただけてうれしいです。ありがとうございます。
これからの自分の命の時間を生存率として、数字で示されるのって、本当に辛いことだし、恐ろしくなりますよね。
私も治療を選択するにあたって、データ(数字)に振り回されていました。
化学療法をするか迷っていた時は、自分の命のこともちろん考えましたが、それ以上に彼や彼の家族、自分の家族のことのほうが気になっていました。
だけど、彼や先生の言葉で、自分の命の大切さに気がつきました。
化学療法をすることを決断し、ここまでくることができました。
これから、みんなにそして自分にたくさん幸せがやってくることを祈ってます(^O^)/

2008-02-08 金 15:11:00 | URL | くまくま [編集]
瞳さまへ

瞳さん、共感してくれてありがとうございます。
うれしいです。
そうなんです、彼に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
瞳さんももうすぐ、大きな選択がひかえてますね。
考えれば考えるほど、わけがわからなくりますよね。
私も化学療法を選択するか迷っていた時は、悩みすぎて身動きが取れない状態になっていました。
誰かが決めてくれたら楽なのに。
でも、決めるのは自分なんですよね。
これが苦しいんですよね。
お互い苦しみながらも、後悔しないように最良の選択をしたいですね。




2008-02-08 金 15:23:46 | URL | くまくま [編集]
みやびさまへ

みやびさん、はじめましてー(^o^)
ご訪問、コメントありがとうございます。
うれしーです。
ゆうゆうさんのところで、ビールの多さに思わず反応してしまいました(笑)
 
みやびさんも化学療法・ホルモン療法をされているのですね。
生理復活を祈りながら待っている状態ですね。
生理がないからといって、女には変わりはないけれども、やはり自然の流れでの閉経と化学療法による閉経では気持ちが違いますよね。
お互い生理復活を待ちながら、治療がんばりましょうね。

こちらこそ、これからもよろしくお願いしまーす。
私も遊びに行きまーす(^O^)/
2008-02-08 金 15:34:01 | URL | くまくま [編集]
こんばんは、乳がん治療はいろんな選択肢があるから、難しい決断をせまられることが色々ありますよね。
私も化学療法を受ける時に、副作用の説明で、不妊の可能性を言われて、なんで私がこんな目にあわなきゃいけないんだと思いました。化学療法が終わっても、そのことが気になって、女性ホルモンの血液検査までしてもらいましたね^_^;結果、閉経はしてなくて、その後生理が復活しましたよ。けど、すぐホルモン療法で止まったけど(+_+)私も微妙な歳?で独身で色々考えることありますが、まずは治療しないとね。やさしい先生と彼のためにもいっしょにがんばりましょう(^o^)
そうそう、化学療法で閉経の話だけど、私の主治医は、若いから大抵戻る、心配ないって言ってましたよ~。くまくまさん、私より若いんだから大丈夫ですよ。
2008-02-09 土 00:56:38 | URL | サニー [編集]
くまくまさん、こんにちは♪
究極の選択ですよね。
この病気、人によってさまざまな選択肢があるし、
結局は自分で選ばなくてはいけないから、大変なのですよね。
でも、若いし、素敵なダーリンや優しい先生がついているんですもの、
未来は明るいですよ~(^O^)/

私も子供が欲しいけれど、年齢が微妙なので、先生も困っていたみたいです。結局、生理が戻ったところで、ホルモン療法は休止することにしましたけど、やっぱり不安がないわけではなく……。早く天使が舞い降りてくれればよいのですけれど、なかなかねー(+_+)こればっかりは、病気と違って私が頑張ればできるってことでもないので、結構辛いです(;O;)
な~んて、弱音を吐いてしまいましたが、リンクの件、こちらこそよろしくお願いします!さっそく、リンクを貼らせていただきました。これからも、どうぞよろしくデス(^_-)


2008-02-10 日 15:50:36 | URL | kachua [編集]
こんにちは!
こんにちは!
本当に素敵な彼なんだね。
そんな彼の事を思っちゃうし、彼の家族の事も考えちゃうよね。
でも、そうなのよ。
自分自身が生きなくちゃ、何も始まらないのよね。
辛い決断だったけど、えらかったと思います。
きっと私が同じ立場だったら、出来なかったと思うわ。

まだまだ、人生は長いです!
凹んでいるなんて、もったいないです!
十分頑張っていると思うけど、頑張っていこうよ、ね(^O^)
2008-02-10 日 17:22:04 | URL | ゆうゆう [編集]
サニーさまへ☆

サニーさん、こんばんはー(^o^)
お返事遅くなってごめんなさい。コメントありがとうございます。
サニーさん、化学療法後に女性ホルモンの血液検査をされたんですね。やっぱりすっごく気になりますよねー。
私も先生に化学療法後一度ホルモン療法をやめて、生理が復活するか確認してみることもできると言われました。でも、なんだか恐ろしくてできませんでした。
サニーさん閉経することなく、無事に生理が復活してよかったですね。私もすっごくうれしいです。
サニーさんの生理復活を聞いてとっても励みになりました。
いろいろ考えるとつらくなることがありますが、サニーさんのおっしゃるように、まずは治療ですよね。
いっしょにがんばりましょう(^O^)/
励ましていただいて本当にありがとうございます。
2008-02-10 日 21:05:59 | URL | くまくま [編集]
kachuaさまへ☆

kachuaさん、こんばんはー(^o^)
コメント、リンクの件ありがとうございますm(__)m

自分の治療を自分で決めることは、当たり前のことかもしれませんが、誰にもわからない今後を自分で考えて、治療を決断しないといけないのって、本当に辛く、苦しいことですよね。
命なくては、子供どころの話ではないけれど、治療がひと段落(ホルモン療法は続いていますが)して元気になってくると、子供を望む気持ちが強くなってきますよね。
kachuaさんにもホルモン療法終了後に生理が復活して、かわいい天使が舞い降りること心から祈っています。
きっと、舞い降りてくれますよー。
きつい治療がんばったんですもん(^O^)
一緒にかんばりましょー(^o^)

2008-02-10 日 21:17:10 | URL | くまくま [編集]
ゆうゆうさまへ☆

ゆうゆうさん、こんばんはー(^o^)
励まし本当にありがとうございます。
彼までほめていただいてありがとうございます。
「自分自身が生きなくちゃ、何も始まらない」心に響きました。
ゆうゆうさんのおっしゃるように、凹でちゃもったいないですよね。人生楽しまなきゃ損損ですよねー。
ゆうゆうさんのように前を向いて明るく生きなくっちゃっ(^O^)/

2008-02-10 日 21:21:56 | URL | くまくま [編集]
私も結婚1年にして発覚した病気だったので、
自分の家族以上に、相手家族に対して申し訳無いような
気持ちになりました。
実際、相手関係の家族には、今後の妊娠・出産について
聞かれ、すごく苦しくなったり。
(って、相手も悪気はなかったんですよ。
 産めるなら産ませてあげたい、ってのと、その望みが
 無くなっても私のことが大事だと言ってくれましたし)

でも最終的に実の両親や兄が、くまくまさんの主治医のように
“貴方が生きていれば、それで充分だ”と言ってくれて、
気持ちが決まりましたよ。

私もこの話題には、話し始めたら止まりません^^;
2008-02-11 月 22:04:52 | URL | りんごJAM [編集]
りんごJAMさまへ♥

りんごJAMさん、こんにちはー(^o^)
結婚一年にしての乳がん発覚、本当にお辛いことだったと思います。
妊娠・出産のことをきかれるのが、なにより痛いことですよね。
私は彼のご両親とはまだ、妊娠・出産などについては話したことがありません。
正直、彼がどのように両親に話しているかもわかりません。(こんなんでいいのかくまくま!!)
でも、彼にもご両親には何も隠すことなくすべて話してほしいと伝えてはいます。
私もこの話をしだしたら、止まらなくなります(笑)
お茶しながら、話したーい!!
2008-02-12 火 11:19:05 | URL | くまくま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。