■だっくくろっく

■FC2カウンター

■プロフィール

くまくま

Author:くまくま
H19、6月
乳がん告知:左乳房温存術
H19、7月
ゾラデックス注射開始
EC療法開始
H19、8月
放射線照射開始
H19、10月
EC療法(4クール)終了
ノルバデックス服用開始
現在ホルモン療法続行中
H20、4月
職場復帰を果たす
H21、4月ゾラデックス終了
H22、8月に念願の結婚!!
H22、3月ノルバテックス内服を止め、現在無治療経過観察中。
    

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー

■小さな天気予報
■リンク
■Lovely

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ

■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
はあ~、副作用
みなさん御存じのように、乳がん治療のホルモン療法は、

女性ホルモン大好きっ子のタイプの乳がんに対して、女性ホルモン分泌を抑制するホルモンを注射し、女性ホルモン分泌を0にはるかに近づけ、抗エストロゲン剤を内服し、体の中に残っているかもしれない乳がん大好きっ子のがん細胞に、くっ付き、女性ホルモンをとりこんで成長させないようにする治療です。

ケモに勝るとも劣らない、すぐれた治療のようです。

しかし、この治療・・・、いろいろな副作用が・・・・。

前にも書いたことがありますが、

27歳(28歳寸前)からホルモン療法を始めた私に出た副作用は、

最初のころ(初めて半年ぐらい)はホットフラッシュがひどくて、突然カぁーーーーっと熱くなり、汗がだらだらでて、辛かったです。今もホットフラッシュはありますが、一日数回程度で、始めのころに比べれは回数はずいぶん減りました。

治療はじめて半年~1年くらいのころから、皮膚の乾燥とシミが気になるようになりました。
最初はパックとか、化粧水変えてみたり、いろいろやってたけど、どれもいまいち効果は感じられず、断念。今は自然の流れに身を任せています(笑)

そして、体重、じわじわ、じわじわ、じわじわ、増加傾向。
治療初めて1年半で3キロ増
現在、バナナダイエットやら、レコーディングダイエットやらに挑戦、じたばたモガキ中。

体重は私にとって深刻な問題ですが、ただいまもう一つ私を悩ませる副作用らしきものが出現中なのです。

それは、デリケートゾーンの乾燥、かゆみ、裂けなのです。
女性ホルモンが不足すると、膣や陰部の皮膚の潤いが亡くなり、乾燥し、皮膚弾力性を失います。
粘膜が乾燥すると、かゆみがでたり、傷つきやすくなります。傷ができたらそこからバイ菌がはいって、炎症を起こします。

ちょっとお恥ずかしい話ですが、私は便秘症でうんちの時、うんちの出入り口がきれることがあります。

以前から便秘でしたが、切れてしまうようになったのは、ホルモン治療を始めてからです。

デリケートゾーンのかゆみに突然襲われたり、何でそこが裂けるの?って感じの部分が裂けてしまうことがあります。

ひどくなって、ソけい部(足の付け根)のリンパ節が腫れたりしたら、婦人科で軟膏や抗生剤を処方してもらって、しのいでます。
いや~、この副作用はかなりブルーです。

こんな副作用から解放される日を夢見て、もうしばらくがんばらなくては。

ちょっぴり恥ずかしなと思いつつ、私のほかにもこの副作用でブルーになってる人がいたら、

私だけじゃないんだって思ってもらえたらと思って書いてみました。

ホルモン不足がなんぼのもんじゃーーー(笑)(涙)






スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

ホルモン療法 | 19:36:02 | Trackback(0) | Comments(7)
ボーナスの使いみち
今日は待ちに待ったボーナスDayonpured

さてさて、何に使おっかなぁ~。

って貯金しなさ~いって言う神の声が聞こえてきそうですが・・・。

この病気になって、貯金の大切さを改めて感じたし、それと同時に「明日自分の身に何が起きるかわからないから、後悔しないように好きに使わなくっちゃ」とも思うようになりました。

ということで、今回のボーナスの使いみちは・・・。

①貯金

②プチ旅行

③母におすそわけ

④バックなどなどお買いもの

でいこうと思います。

でも、でも、たりませーん!!

どれか削るとしたら・・・、③・・・、いやこれは削っちゃいけないよな(笑)、バックほしいし、旅行にもいきたい・・・、やぱり①貯金になっちゃいますよねーjumee☆pig1

これだから、貯金できないくまくまなんですはあ

どなたか貯金の達人いらっしゃいましたら、コツをお教えくださーい。


テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

日々のこと | 18:16:31 | Trackback(0) | Comments(2)
今年最後の受診日、そして・・・
今年もあと21日。

29日が私の今年最後の受診日ですカプセル

先週とった採血の結果を聞いて、ゾラをぶすっとお腹に打って、ノルバをもらって、今年も年が越せます。

無事に今年も年が越せますようにキラキラ

以前記事にしたことがある彼の妹ちゃんの出産についてですが、

予定日は12月21日、もうすぐです。

もう、実家に戻って出産準備をしているようです。

妹ちゃんに会ったのは、2か月前が最後です。

その時、すでにお腹が大きくなっててびっくり。

妹ちゃんは会う度(彼の家族は誕生日に食事会をするので、その時に会うぐらいですが)、エコーに写るお腹の中のベビーの写真を見せてくれます。

そこから、「誰に似ているか」「名前は」「お風呂に入れる人」などなど、

楽しい家族の会話が始まりますイチゴチョコ豆腐

みんな本当にうれしそうだし、ベビー誕生を今か今かと待ち望んでいるみんなの気持ちが、ビンビンと伝わってきます羽1

そんな家族の姿を見ると、「幸せなことだなぁ。元気に無事に生まれておいで。」と思い、彼の甥っ子誕生が楽しみでわくわくしてきます。

しかし、もうみなさん御存じのとうり微妙な立場のくまくまの心の中には、これとは別のダークな思いがあるのも事実です。

この病気になって、ずっと思い続けていることがあります。

それは、彼の家族は私と彼との付き合いについて、どう思っているのだろうか。

彼の家族から私はどう思われているんだろうか。

この2つの思いが心のどこかにいつも引っかかっています。

 
乳がんになったとき、彼との付き合いについて、母と話したことがあります。

乳がんになって悲観していた私は、母から彼との今後ことについて聞かれた時、

「お母さん、にいちゃん(私の兄)が乳がんのお嫁さん連れてきたら嫌やろっ!乳がんの嫁なんか!」

と母に突っかかっていったことがありました。

その時の母の反応は、「まあ、それは・・・・・・・・」といって、その後母は何も言いませんでした。

こんなことを言ったら母を困らせることになるとわかっていたはずなのに・・・。

それ以来、私の恋愛について深く聞いてこない母。

本当は私のことが心配で、気になって仕方がないはずなのに。

何も聞かずに、そっと見守ってくれている母。

母が私のことを思ってくれているように、きっと彼のお母さんも彼のことを・・・・。

私が乳がんになったことは、変えることのできないことだし、これから一生再発の不安を抱え生きていかないといけない。

あれこれ考えても、このことは変えようもない事実だから。

これから、どうんな生き方を選んでもこの事実から目をそらすことはできない。

乳がんになった私だって、私だから。

彼とこれからの人生を一緒に歩んでいける、いきたいのならば、悲観ばかりしていてはいけない。

これから、どういう方向に進んでいくのか、まだはっきりと決まっていないので、ここに書くのは控えますが、もし、これからの人生を彼と一緒に歩んで行くことになったら、

彼、彼の家族に乳がんになった私を嫁にもらってよかったと心から思ってもらえるように、

私なりに精いっぱい努力していきたいと思う。

そう思ってもらうためには、健康でいなくっちゃ。

まずは、このまま無事に2年、3年、5年、10年と年をとっていかなくては。


だらだらと読みにくい記事を書いてしまいましたが、最後まで読んでくださって、ありがとうございました。












テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

日々のこと | 14:14:15 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。